現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ

スタッフブログの記事一覧

外壁塗装と屋根塗装は同じタイミングで行いましょう!//島根県松江市・出雲市・雲南市・大田市屋根外壁塗装&防水専門店KIJIMA

こんにちは! 島根県松江市・出雲市・雲南市・大田市外壁塗装&屋根塗装KIJIMAです。 いつも弊社のHP訪問、ブログ閲覧ありがとうございます(^o^)丿 憂うつな梅雨ももうそろそろ終わりかな?と思わせるようにカラっと晴れて気持ちいい天気が続いています。 今回のブログでは、外壁と屋根の塗装を一緒に行う理由についてご紹介していきたいと思います。   外壁塗装・屋根塗装は一緒にするとお得!?   外壁塗装や屋根塗装は、10年前後に一度の周期で行うメンテナンスの一つです。 皆さんの大事なお住まいを守る為に、外壁塗装・屋根塗装の正しい知識を持つ事が、 工事を成功させるためのカギとなります。   外壁と屋根の塗装を同時に行う事で、足場代が一回で済むため、工事費用がお得になります。 定期的に行う必要があるということは、その分お金もかかるという事になるため、少しでもかかるお金を安くして、その分普段の生活に回したいですよね。 あなたのご家庭の負担が少しでも減らせるように、私と一緒に必要な情報を見て頂けると嬉しいです。 一般的な戸建住宅で住宅塗装を行う場合、平均的な足場費用は20万円~30万円かかり、仮に外壁塗装と屋根塗装を別々に行うとすると、最低でも20万円×2で40万円となります。     そこで、外壁と足場を同時に行えば、足場は一度しか組む必要がないため 20万円前後の費用で済みます。 「たった20万円」「20万円も!?」と感じ方は人それぞれだと思いますが、20万円もあればご家族でリッチな旅行に行ったり、好きなモノにお金を使えていたはず。 ちょっとした進め方の違いで、これだけ金額差が出てくるのであれば、屋根と外壁を同時に塗装するメリットについては、なんとなく分かって頂けたかと思います。   足場費用は2階建てなのか3階建てなのかなど、住宅の面積により異なりますので、 大きければ大きいほど金額も高価になっていきます。   そのため、一度で住宅全体の塗装を終えることが、工事費用を抑える方法でもあるのです。 ここまでの話では屋根と外壁塗装を同時期に行うことによって足場代のリスクが少なくて施工できるといったことを中心に紹介させていただきました。 続きまして同時塗装をされるのにどこの業者に依頼したらいいのかを少しお伝えしたいと思います。   屋根と外壁の同時塗装は、誰に依頼すればいいの? 屋根と外壁の同時塗装を仕事にしている人たちは世の中たくさんいますが、塗装を依頼する際に気をつけなければいけないことがあります。 気をつけるポイントを3つに分けて見てもらいたいと思います。   ポイント1:大手業者には依頼しない ハウスメーカーなど大手業者に依頼をすれば安心かもしれませんが、会社が大きいからこそ余計な費用がかかっている場合があります。 費用が高くなる原因としては、大手業者自身が塗装をする訳ではなく、高い確率で下請け・孫請けの塗装業者が塗装を行うからです。 その場合、 中間マージンで費用が高くなる 施工不良があった場合、大手と下請けで責任の所在が不明瞭になる 大手なので安心といった印象があるかもしれませんが、本当に塗装してくれる業者はどこなの?と確認してほしいです。 せっかく同時塗装を選び、費用が安くなる方向で進めようとしてくれているのに、中間マージンなどの影響で、結果的に高くなる場合もあるため、大手業者もいいですが地元密着の優良業者も視野にいれてほしいと思います。   ポイント2:訪問業者には依頼しない 突然あなたのお家にやってくる、訪問販売で屋根・外壁の無料調査をしてくる業者には気を付けてください。 この場合は、営業に力を入れている利益重視の塗装業者のため、塗装の質が悪かったり安い下請けに塗装をさせることが多いです。 また、中には不利益な業者もいて「今すぐにやらないと危険!」「50万円も値引きしますよ!」こういったお金に関しての魅力的な言葉を使って、契約を急がせてくる場合も。 訪問販売の場合は、相場よりも高い金額で塗装を行うことも多く、気をつけなければあなた自身が損をします。   ポイント3:屋根と外壁両方の塗装が得意なところに依頼する 屋根と外壁の塗装をするのだから、両方が得意な塗装業者に依頼するのは当たり前だと思われますが、実際にこれができている方は少ないです。 屋根塗装業者も外壁塗装業者も塗装のプロではありますが、屋根と外壁では構造も塗装面の材質も違うので、それぞれ専門的な知識が必要不可欠。 塗装だから一緒と思い込み、屋根塗装業者が知識もなしにそのまま外壁の塗装を行ったりこの逆もあり得ます。 必ず屋根と外壁の両方の専門的な知識を持つ塗装業者に塗装は依頼しましょう。 このように弊社では塗装のご相談を受けた際にはお客様に寄り添って安心して施工に向けてのアドバイスをさせていただいております。   壁が随分汚れてきたけど、これって大丈夫?屋根は大丈夫なのかな?などなど、お家のことで何か気になることがありましたらどんな些細なことでも喜島塗装にご相談ください!!島根県出雲市、松江市、雲南市、大田市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、屋根・外壁塗装専門店「喜島塗装」までぜひご相談下さい!外壁・屋根塗替えお問い合わせはコチラ ↓↓https://kijima-tosou.co.jp/島根県出雲市、松江市、雲南市、大田市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、屋根・外壁塗装専門店「喜島塗装」までぜひご相談下さい!問い合わせはコチラ ↓↓電話番号:0800(ハ)-600(ロ)-(-)1116(イイイロ) 定休日:毎週水曜日、第1.3.5日曜日営業時間:9:00~18:00ぜひお気軽にお電話ください!! 屋根・外壁塗装専門店「喜島塗装」は、創業44年島根県出雲市で、外壁塗装会社として創業しました。公共工事がメインでしたが、出雲市、松江市、雲南市、大田市の島根にお住まいの皆様から、「戸建て住宅、賃貸アパートの外壁塗装や屋根の塗り替えを、出雲市、松江市、雲南市、大田市でも気軽に相談できる場所が欲しい」という声が多くなり、外壁塗装や屋根の塗り替えリフォームの事を気軽に安心してご相談できるお店にすべく、事業を立ち上げさせていただきました。これからの時代の建物は、壊すから残すへ移行していきます。私たちのライフワークである塗装・防水はまさに時流に乗っていると言えます。塗装・防水を通じて、お客様の財産である建物をより良い状態で次世代へ残していく。そして塗装・防水を通じて弊社に関係する全ての人が幸せになることを追求していきます。どうぞ宜しくお願いします。島根県にお住まいの皆様へ私たち喜島塗装は10名を超える自社塗装職人、国家資格塗装技能士の工事会社です。マナーにこだわり、塗装品質にこだわり、過去に島根県内で3,000件を超える塗装リフォームを行ってきました。ひとつひとつの工事工程を丁寧に、そして、手作りで創り上げる世界に1つしかない作品としてお客様の予測を超えるリフォーム工事にしてまいります。多くの人々に喜んでいただき、島根と共に生き、島根にとって必要とされる企業でありつづけられるよう頑張ってまいります。どうぞ宜しくお願い致します。 外壁塗装&屋根リフォーム防水リフォーム&外壁リフォーム専門店 喜島塗装 島根県で外壁塗装をお考えの方はこちらへ外壁塗装59.8万円メニュー  屋根塗装19.8万円メニュー島根の外壁塗装&屋根専門店喜島塗装へのお問合せはこちらです0800(ハ)-600(ロ)-(-)1116(イイイロ)メールでのお問い合わせはこちらですお問い合わせフォーム   2020年07月16日 更新 詳しく見る
スタッフブログ豆知識

「塗料シリーズ 第1回」 ~屋根塗替えプラン編!分かりやすい塗料解説付き!!~ //島根県松江市・出雲市・雲南市・大田市屋根外壁塗装&防水専門店KIJIMA

皆さん、こんにちは! 島根県松江市・出雲市・雲南市・大田市外壁塗装&屋根塗装KIJIMAです。 弊社のブログ閲覧ありがとうございます。   さて、いきなり始まりました「塗料シリーズ」ブログ! 主に、弊社KIJIMAで取り揃えている塗料関係について、お伝えしていくシリーズブログにしようかと思っています。 今回の第1回目は、「屋根塗替えプラン編」として、一般住宅などの「屋根」塗替えをご検討されるお客様に向けて、弊社KIJIMAで取り扱っている各プランを塗料解説付きでご紹介します。     ≪1. 屋根種類≫ まず初めに、屋根にはどのような種類があるのかをざっと挙げておきしょう。 ■金属屋根 鋼板屋根(主にガルバリウム鋼板)、トタン屋根、ステンレス、銅、チタン など ■コロニアル屋根 スレート、カラーベスト など ■瓦屋根 釉薬瓦(陶器瓦)、いぶし瓦、セメント瓦、コンクリート(モニエル)瓦 など 種類はまだまだありますが、主に塗替えをご検討中のお客様宅では、上記の屋根材が大半かと思います。 また瓦につきましては、種類によりますが塗れない塗らないケースもありますので、今回は触れず、主に「金属屋根」と「コロニアル屋根」を塗替えする際のプランをお伝えしていきます。 塗料には、下塗り用、上塗り用の塗料があり、どちらも塗替えにおいては非常に重要となりますが、今回は各プランの「上塗り用塗料」をピックアップしています。 なお、下塗り用塗料につきましては、金属屋根に適した下塗りとコロニアル屋根に適した下塗りの塗料は異なります。   ※ちなみに、弊社ショールームではご提案する塗料は、全て日本国内のメーカー様の塗料となります! ※外壁や屋根などの劣化状態や塗装箇所、立地場所、ご予算などにより、今回ご紹介の各プランで使用する塗料とは異なる塗料(下塗材、上塗材)をご提案するケースがあります。勿論お客様のお宅にとって、ベストな塗料を都度ご提案します!     プランをご紹介する際、使用する各塗料の機能性を分かりやすく5段階で表示しています。 併せて、一般的な塗料のグレード(品質等の高さ)も載せていますので、確認してから塗替えプランを見ていただけると、より分かりやすいかと思います。 皆さんが塗替えをご検討される際、見聞きすることが非常に多いワードとなりますので、ぜひこの機会に覚えてみてください!   ≪2. 各機能性の用語集≫ ■耐候性 ・・・気候の変化への耐性のこと。 太陽光や紫外線、雨水、朝昼夜の温度変化などによって変形・変色・劣化を起こしにくい。 ■耐久性 ・・・塗膜の性質の持続性のこと。 物体の保護など塗料の役割を維持すること。 ※塗膜:液体塗料が乾燥、硬化して膜状になり、コーティングする役目も。 ■耐汚染性・・・汚れがつきにくいこと。 例えば自動車の排気ガス、タイヤ粉塵などの汚染物質付着による汚れが生じにくく、降雨や散水で汚れが除去されやすい。   ≪3. 塗料のグレード(品質)≫ ウレタン<シリコン≒ラジカル塗料<フッ素<無機 一概には言えませんが、同じグレードの塗料においても、機能性の品質が異なるケースがります。 例えば、同じシリコン系の塗料でも、機能性が低いシリコン塗料<機能性が高いシリコン塗料が存在しています。 ラジカル塗料は、「ラジカル」の発生を可能な限り抑え、長期間塗膜の劣化を防ぐ効果がある塗料です。 ※ラジカル:酸素や紫外線、水などが顔料に接触することで発生する劣化因子の事。   ※余談(施工費について) 多くの方が塗替えをご検討される際に、気にされる点として常に上位に挙げられるのが、やはり「施工費用」です。上記で挙げた塗料グレードと施工費用の関係は、連動しています。高い品質(機能性)を持つ塗料をチョイスするという事は、施工費用も連動して高くなります。勿論、グレードが高い塗料ということは、耐久年数や各機能性も連動して高くなります!そこの費用対効果をしっかり認識して塗料選びを行っていきましょう!   さて、やっと本題であるKIJIMAの「屋根塗装プラン」のご紹介をしていきたいと思います。 どの塗料もメリットだけという事はありませんが、塗替えにご興味がある皆さんによって、分かりやすくお伝え出来るよう頑張ります!   それでは、どうぞ!     ≪4. 屋根(金属・コロニアル)塗替えプラン~全7プラン~≫ 「塗替えプラン①」  プラン名: 超低汚染型ウレタン塗料 屋根材質: 金属、コロニアル 特  徴: 比較的安価で、耐候性・光沢保持性に優れた塗料 メーカー: 関西ペイント 塗  料: スーパーウレタンルーフペイント 耐   候   性:★★☆☆☆ 耐   久   性:★★☆☆☆ 耐 汚 染 性:★★☆☆☆ 期待耐久年数:3~5年     「塗替えプラン②」 プラン名: 超低汚染型シリコン塗料 屋根材質: 金属、コロニアル 特  徴: 耐候性・耐久性はウレタン塗料よりも優れた塗料 メーカー: 関西ペイント 塗  料: スーパーシリコンルーフペイント  耐   候   性:★★★☆☆ 耐   久   性:★★★☆☆ 耐 汚 染 性:★★★☆☆ 期待耐久年数:7~10年     「塗替えプラン③」 プラン名: (金属)弱溶剤系1液シリコン遮断塗料 (コロニアル)水性シリコン樹脂遮熱塗料 屋根材質: 金属、コロニアル 特  徴: 赤外線を効率よく反射することで屋根の温度上昇を抑える塗料 メーカー: 関西ペイント 塗  料: (金属)アレスクール1液シリコン (コロニアル)アレスクール水性シリコン   耐   候   性:★★★☆☆ 耐   久   性:★★★★☆ 耐 汚 染 性:★★★☆☆ 付 加 機 能:遮熱性 期待耐久年数:7~10年     「塗替えプラン④」  プラン名: ラジカルハイブリッド塗料 屋根材質: 金属、コロニアル 特  徴: シリコングレードを超える非常に優れた耐候性を備えた塗料 メーカー: 日本ペイント 塗  料: ファインパーフェクトベスト 耐   候   性:★★★★☆ 耐   久   性:★★★☆☆ 耐 汚 染 性:★★★★☆ 付 加 機 能:防藻性、防かび性 期待耐久年数:9~13年     「塗替えプラン⑤」  プラン名: ハルスハイリッチシリコン塗料 屋根材質: 金属、コロニアル 特  徴: 平滑性に優れ、光沢が高い塗膜で耐候性が非常に優れた塗料 メーカー: 関西ペイント 塗  料: アレスダイナミックルーフ 耐   候   性:★★★★☆ 耐   久   性:★★★★☆ 耐 汚 染 性:★★★★☆ 付 加 機 能:防藻性、防かび性 期待耐久年数:11~15年     「塗替えプラン⑥」  プラン名: 多重ラジカル制御無機塗料 屋根材質: 金属、コロニアル 特  徴: 「超」耐候性、「超」低汚染性を実現した塗料 メーカー: プリマテックス 塗  料: MUGA(ムガ)セブン 耐   候   性:★★★★★ 耐   久   性:★★★★☆ 耐 汚 染 性:★★★★★ 付 加 機 能:防藻性、防かび性 期待耐久年数:15~18年     「塗替えプラン⑦」  プラン名: 1液型4Fフッソ塗料 屋根材質: 金属、コロニアル 特  徴: 「最高」級の耐候性・光沢感を備えた塗料 メーカー: 日本ペイント 塗  料: 1液ファイン4Fルーフ 耐   候   性:★★★★★ 耐   久   性:★★★★★ 耐 汚 染 性:★★★★★ 付 加 機 能:防藻性、防かび性 期待耐久年数:15~18年     以上が、KIJIMAの屋根塗替えにおける7プランとなります。塗料の違いを分かりやすいお伝え出来ましたでしょうか。 塗料については、まだまだお伝え出来ていない部分が多いので、今後「塗料シリーズ」内で取り上げていきます。 また、もっと詳しいお知りになりたいという方は、ぜひ弊社ショールーム(100満ボルト出雲店様の隣です)にお越しくださいませ!製品カタログの他に、実際に塗料で塗り込んだ見本板や各屋根外壁の模型などもあり、見て触って体験できるショールームとなっています。 勿論、私たちKIJIMAのスタッフもおります。お飲み物も準備していますので、お気軽にお越しください。 予約なしでも大丈夫ですよ!     ≪5. 最後に≫ ご参考までになりますが、弊社ショールームの場合、お客様宅の現地調査後、御見積作成に通常最低1週間~はお時間をいただき、その後ショールーム又は、お客様宅やお客様店舗での御見積提示をさせていただく流れになっています。 御見積にはつきましては、お客様のご予算やご各塗料の耐久年数(塗料のもち)、劣化状態などの内外部要因を考慮して、上記ご紹介したプランから、通常3プランを私たち喜島塗装にてチョイスさせていただき、ご提案しています!   (次回予告) 第2回目は、「外壁塗替えプラン編」をお伝えする予定です。お楽しみに!     弊社KIJIMAではお電話でも無料相談依頼などに対応しております!ご来店に不安を感じられる方はお電話でお問合せ下さい。   電話番号:0800(ハ)-600(ロ)-1116(イイイロ)    壁が随分汚れてきたけど、これって大丈夫? 屋根は大丈夫なのかな? などなど、お家のことで何か気になることがありましたら どんな些細なことでも喜島塗装にご相談ください!! 島根県出雲市、松江市、雲南市、大田市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、屋根・外壁塗装専門店「喜島塗装」までぜひご相談下さい! 外壁・屋根塗替えお問い合わせはコチラ ↓↓ https://kijima-tosou.co.jp/   島根県出雲市、松江市、雲南市、大田市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、屋根・外壁塗装専門店「喜島塗装」までぜひご相談下さい! 問い合わせはコチラ ↓↓ 電話番号:0800(ハ)-600(ロ)-(-)1116(イイイロ)  定休日:毎週水曜日、第1.3.5日曜日 営業時間:9:00~18:00 ぜひお気軽にお電話ください!!   屋根・外壁塗装専門店「喜島塗装」は、創業44年島根県出雲市で、外壁塗装会社として創業しました。 公共工事がメインでしたが、出雲市、松江市、雲南市、大田市の島根にお住まいの皆様から、「戸建て住宅、賃貸アパートの外壁塗装や屋根の塗り替えを、出雲市、松江市、雲南市、大田市でも気軽に相談できる場所が欲しい」という声が多くなり、外壁塗装や屋根の塗り替えリフォームの事を気軽に安心してご相談できるお店にすべく、事業を立ち上げさせていただきました。 これからの時代の建物は、壊すから残すへ移行していきます。私たちのライフワークである塗装・防水はまさに時流に乗っていると言えます。塗装・防水を通じて、お客様の財産である建物をより良い状態で次世代へ残していく。そして塗装・防水を通じて弊社に関係する全ての人が幸せになることを追求していきます。 どうぞ宜しくお願いします。 島根県にお住まいの皆様へ 私たち喜島塗装は10名を超える自社塗装職人、国家資格塗装技能士の工事会社です。 マナーにこだわり、塗装品質にこだわり、過去に島根県内で3,000件を超える塗装リフォームを行ってきました。 ひとつひとつの工事工程を丁寧に、そして、手作りで創り上げる世界に1つしかない作品としてお客様の予測を超えるリフォーム工事にしてまいります。 多くの人々に喜んでいただき、島根と共に生き、島根にとって必要とされる企業でありつづけられるよう頑張ってまいります。 どうぞ宜しくお願い致します。 外壁塗装&屋根リフォーム防水リフォーム&外壁リフォーム専門店 喜島塗装 2020年07月15日 更新 詳しく見る
スタッフブログ豆知識外壁塗装のご相談

外壁塗装って助成金が受けられる場合があるってご存知でしたか? //島根県松江市・出雲市・雲南市・大田市屋根外壁塗装&防水専門店KIJIMA

こんにちは! 島根県松江市・出雲市・雲南市・大田市外壁塗装&屋根塗装KIJIMAです。 いつも弊社のHP訪問、ブログ閲覧ありがとうございます(^o^)丿   梅雨真っ盛り。じとじと憂鬱な日が続きますがいかがお過ごしでしょうか? 本日は実はあまり知られてなかった助成金についてご紹介させていただきます!     これから外壁塗装や屋根塗装をお考えの方、お住まいの地域によっては助成金が受けられるのを知っていましたか?               弊社では外壁塗装工事対象の方で以下の条件を満たされていらっしゃる方に助成金の申請のご案内をさせていただいております。 外壁塗装も決して安い金額ではありません。わずかでも補助金が出るのなら嬉しいですよね? 助成金には枠に限りがありますので、助成金制度を利用して外壁塗装や屋根塗装を行うのであればなるべく早い方が確実にご利用いただけます!   子育て世代、三世代同居、三世代近居、新規二世代同居、新婚世帯の定住を促進するとともに、空き家の利活用を図るため、住宅改修にかかる費用の一部を助成します。ご注意頂きたいのは、住宅改修工事の着工前に申請が必要です。   ■募集期限 【2021年1月29日 ただし、予算額に達した時点で申請受付を終了となります】  ■対象工事  市内に本店を有する施工業者(個人事業者含む)に発注して行うリフォーム工事で、工事費が50万円以上のもの  ・既存住宅の増築工事を含みます。  ・住宅の新築工事は対象となりません。   ■対象工事期間  助成金の交付決定後~2021年3月10日まで  ・申込時点で着手している工事や、交付決定前に着手する工事は対象となりません。 ■対象住宅  市内の住宅(賃貸住宅は不可、マンションは専有部分のみ対象)  ・住宅の所有者は申請者本人または三親等以内の親族。  ・店舗等併用住宅の場合、店舗等の部分は対象となりません。 ・以前に現要綱(平成27年度~)による助成金を利用し改修した住宅については、前回の利用時から世帯区分に変更がある場合のみ利用で  きます。(世帯区分変更の一例:前回は新婚世帯だったが、今回は三世代同居世帯となっている。) 以下の要件すべてに該当する方で、下表の世帯区分のいずれかに該当する方(1)対象住宅を所有(三親等以内の親族所有含む)し、対象住宅に居住、又はリフォーム後居住する方(2)助成を受けようとする工事について、他の補助制度の利用がないこと(3)出雲市市税及び国民健康保険料等について滞納がない方 子育て世代世帯  18歳以下の子2人以上と同居する世帯(実績報告日までに出産予定も含む) 三世代同居世帯  三世代以上が同一敷地内に居住する世帯 三世代近居世帯  三世代以上が旧市町地域内に居住する世帯(年長者が居住する世帯、18歳以下の子どもが同居する世帯等の条件があります。 新規二世代同居世帯 親と子、孫等が新たに同居しようとする世帯 新婚世帯  結婚5年未満の夫婦が同居する世帯 上記の条件対象者の方のみ申請ができます。   弊社では助成金の手続きのご案内もさせていただいており、対象者の方への助成金額は最高10万円の補助が受けられます。   出雲市役所ホームページに掲載していますのでダウンロードファイル「2020年度出雲市定住促進住まいづくり助成金 ご案内」を検索し一読ください。 助成金をご利用になる際には、役所などで詳しいお話を聞いてみてください(^^) 助成金や補助金を受けられる条件や申請方法は、各自治体により異なりますのでここでは一般的な条件などをご紹介させていただきます。 わからないことがありましたら弊社スタッフでもご質問・ご相談にお答えしておりますので気軽にお問い合わせください。   弊社ではお電話でも無料相談・無料見積もり依頼に対応しております!ご来店に不安を感じられる方はお電話でお問合せ下さい。 電話番号:0800(ハ)-600(ロ)-1116(イイイロ)  壁が随分汚れてきたけど、これって大丈夫?屋根は大丈夫なのかな?などなど、お家のことで何か気になることがありましたらどんな些細なことでも喜島塗装にご相談ください!!島根県出雲市、松江市、雲南市、大田市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、屋根・外壁塗装専門店「喜島塗装」までぜひご相談下さい!外壁・屋根塗替えお問い合わせはコチラ ↓↓https://kijima-tosou.co.jp/島根県出雲市、松江市、雲南市、大田市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、屋根・外壁塗装専門店「喜島塗装」までぜひご相談下さい!問い合わせはコチラ ↓↓電話番号:0800(ハ)-600(ロ)-(-)1116(イイイロ) 定休日:毎週水曜日、第1.3.5日曜日営業時間:9:00~18:00ぜひお気軽にお電話ください!! 屋根・外壁塗装専門店「喜島塗装」は、創業44年島根県出雲市で、外壁塗装会社として創業しました。公共工事がメインでしたが、出雲市、松江市、雲南市、大田市の島根にお住まいの皆様から、「戸建て住宅、賃貸アパートの外壁塗装や屋根の塗り替えを、出雲市、松江市、雲南市、大田市でも気軽に相談できる場所が欲しい」という声が多くなり、外壁塗装や屋根の塗り替えリフォームの事を気軽に安心してご相談できるお店にすべく、事業を立ち上げさせていただきました。これからの時代の建物は、壊すから残すへ移行していきます。私たちのライフワークである塗装・防水はまさに時流に乗っていると言えます。塗装・防水を通じて、お客様の財産である建物をより良い状態で次世代へ残していく。そして塗装・防水を通じて弊社に関係する全ての人が幸せになることを追求していきます。どうぞ宜しくお願いします。島根県にお住まいの皆様へ私たち喜島塗装は10名を超える自社塗装職人、国家資格塗装技能士の工事会社です。マナーにこだわり、塗装品質にこだわり、過去に島根県内で3,000件を超える塗装リフォームを行ってきました。ひとつひとつの工事工程を丁寧に、そして、手作りで創り上げる世界に1つしかない作品としてお客様の予測を超えるリフォーム工事にしてまいります。多くの人々に喜んでいただき、島根と共に生き、島根にとって必要とされる企業でありつづけられるよう頑張ってまいります。どうぞ宜しくお願い致します。 外壁塗装&屋根リフォーム防水リフォーム&外壁リフォーム専門店 喜島塗装 島根県で外壁塗装をお考えの方はこちらへ外壁塗装59.8万円メニュー  屋根塗装19.8万円メニュー島根の外壁塗装&屋根専門店喜島塗装へのお問合せはこちらです0800(ハ)-600(ロ)-(-)1116(イイイロ)メールでのお問い合わせはこちらですお問い合わせフォーム     2020年07月10日 更新 詳しく見る
スタッフブログ豆知識

初めて足場に上りました!【出雲市Y様邸②】シーリング撤去(動画)//島根県松江市・出雲市・雲南市・大田市屋根外壁塗装&防水専門店KIJIMA

こんにちは! 島根県松江市・出雲市・雲南市・大田市外壁塗装&屋根塗装KIJIMA、総務部の岩成です。 いつも弊社のHP訪問、ブログ閲覧ありがとうございます☺ 先日、着工したばかりの出雲市Y様邸に営業スタッフさんと行ってきました! 現場に行くのはまだ数回目なんですが撮影のために同行させてもらいました。 足場に上がるのは実は初めて! 高い所がちょっと苦手なので大丈夫かなと思いましたが、しっかりした階段もあるし思った以上に安定感があってあまりこわくありませんでした。 いい作業をするため、作業者や御施主様の安全を守るため、本当に足場は大切ですね。 躊躇なく進んでいく営業スタッフさん↓ 置いていかれないようにけっこう必死でついていきました。   2階(より上?)に上がると絶景が~~!! 足場の上ってこんなに気持ちがいいものなんですね。 思わず暑さも仕事も忘れて見とれそうになりました。 とは言え、高所なので気を引き締めて職人さんが作業している場所を目指しましたが、全然たどり着けない(;´Д`) まるで迷路…!右往左往しながらようやくたどり着くと、、 塗装工事を行う前の作業、シーリング撤去の真っ最中でした。 [video width="1920" height="1080" mp4="https://kijima-tosou.co.jp/cms/wp-content/uploads/2020/06/a60b338d56904416084255de13f5c11c.mp4"][/video] 「シーリング」は外壁や窓枠の継ぎ目につめてある材料です。 撤去されたシーリング材 ↓ 指で押すとプニプニして弾力があります。 紫外線や風雨によって劣化してくると防水の役割を果たせないので、塗装工事に合わせて古いものを撤去して新しくします。 シーリングを撤去した後の壁はこんな風になっていました。 ここに新しいシーリング材を充填するんですね。その様子もまた後日お伝えしたいと思います。 道具をきれいに洗ってこの日の作業は終了。 道具を大事に、前始末と後始末、大事ですね。お疲れさまでした!   弊社ではお電話でも無料相談・無料見積もり依頼に対応しております!ご来店に不安を感じられる方はお電話でお問合せ下さい。 電話番号:0800(ハ)-600(ロ)-1116(イイイロ)  壁が随分汚れてきたけど、これって大丈夫?屋根は大丈夫なのかな?などなど、お家のことで何か気になることがありましたらどんな些細なことでも喜島塗装にご相談ください!!島根県出雲市、松江市、雲南市、大田市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、屋根・外壁塗装専門店「喜島塗装」までぜひご相談下さい!外壁・屋根塗替えお問い合わせはコチラ ↓↓https://kijima-tosou.co.jp/島根県出雲市、松江市、雲南市、大田市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、屋根・外壁塗装専門店「喜島塗装」までぜひご相談下さい!問い合わせはコチラ ↓↓電話番号:0800(ハ)-600(ロ)-(-)1116(イイイロ) 定休日:毎週水曜日、第1.3.5日曜日営業時間:9:00~18:00ぜひお気軽にお電話ください!! 屋根・外壁塗装専門店「喜島塗装」は、創業44年島根県出雲市で、外壁塗装会社として創業しました。公共工事がメインでしたが、出雲市、松江市、雲南市、大田市の島根にお住まいの皆様から、「戸建て住宅、賃貸アパートの外壁塗装や屋根の塗り替えを、出雲市、松江市、雲南市、大田市でも気軽に相談できる場所が欲しい」という声が多くなり、外壁塗装や屋根の塗り替えリフォームの事を気軽に安心してご相談できるお店にすべく、事業を立ち上げさせていただきました。これからの時代の建物は、壊すから残すへ移行していきます。私たちのライフワークである塗装・防水はまさに時流に乗っていると言えます。塗装・防水を通じて、お客様の財産である建物をより良い状態で次世代へ残していく。そして塗装・防水を通じて弊社に関係する全ての人が幸せになることを追求していきます。どうぞ宜しくお願いします。島根県にお住まいの皆様へ私たち喜島塗装は10名を超える自社塗装職人、国家資格塗装技能士の工事会社です。マナーにこだわり、塗装品質にこだわり、過去に島根県内で3,000件を超える塗装リフォームを行ってきました。ひとつひとつの工事工程を丁寧に、そして、手作りで創り上げる世界に1つしかない作品としてお客様の予測を超えるリフォーム工事にしてまいります。多くの人々に喜んでいただき、島根と共に生き、島根にとって必要とされる企業でありつづけられるよう頑張ってまいります。どうぞ宜しくお願い致します。 外壁塗装&屋根リフォーム防水リフォーム&外壁リフォーム専門店 喜島塗装 島根県で外壁塗装をお考えの方はこちらへ外壁塗装59.8万円メニュー  屋根塗装19.8万円メニュー島根の外壁塗装&屋根専門店喜島塗装へのお問合せはこちらです0800(ハ)-600(ロ)-(-)1116(イイイロ)メールでのお問い合わせはこちらですお問い合わせフォーム 2020年06月25日 更新 詳しく見る
現場ブログスタッフブログ

外壁塗装のコーキング(シーリング)の重要性//島根県松江市・出雲市・雲南市・大田市屋根外壁塗装&防水専門店KIJIMA

こんにちは! 島根県松江市・出雲市・雲南市・大田市外壁塗装&屋根塗装KIJIMAです。 いつも弊社のHP訪問、ブログ閲覧ありがとうございます(^o^)丿 今回の内容はシーリングの重要性についてお話したいと思います。   外壁塗装では、どんな塗料を使うのか、お金はいくらかかるのか。そのことももちろん大事ですが、それらと同じくらい大事なのがコーキング(シーリング)です。 コーキングは、外壁塗装と切っても切れない関係にあり、あまり考えないまま外壁塗装を進めてしまうと、せっかく納得のいく塗料選びや金額にできたとしても、外壁塗装が失敗してしまうことも…。   あなたのお家の外壁塗装を成功させるために、 コーキングとは一体何なのか コーキングの費用や寿命はどのくらいなのか コーキングでは何に気を付ければいいのか このように、コーキングについて疑問や悩みが生まれやすい部分を、私と一緒に解決していければと思います。   コーキング(シーリング)って一体なに? コーキング(シーリング)とは、コーキング材という液体を、お家の外壁に入ったひび割れや外壁材同士の隙間、窓枠や水回りの縁などに注入する工事のことです。 隙間を埋める?とは、一体どういう事なのでしょうか。 コーキングの目的や、工事に使われる「コーキング材」と呼ばれる素材の特徴、疑問になりがちな「コーキング」と「シーリング」の違いについて、まずは見て頂きたいと思います。 コーキング(シーリング)ってどんな工事? お家の外壁にひびが入った時は、ひび割れの具合やお家の状態にもよりますが、ひび割れで出来た隙間を埋めるようにコーキング材を入れることで、ひび割れを補修することができます。 ひび割れは、「モルタル」や「漆喰」というような、セメントや石灰と水を混ぜたものを塗り固めて作る「塗り壁」という種類の壁に起こりやすくなっています。 塗り壁とは違った、「サイディング」や「ALC」といった、パネル状の壁材をお家の側面に貼り付けていく種類の壁もありますが、サイディングやALCなどの外壁は、補修だけではなく、新しくサイディングやALCにするときにもコーキングをします。 そのため、外壁を新しくしたい時も、外壁の補修をしたい時も、コーキングは欠かせない工事です。 隙間には別名があるの?サイディングボード同士の間に出来てしまっている隙間の事を、目地(めじ)と呼んでいるので目地と話していたら、隙間の事を指していると思ってもらえればと思います。   コーキング材(シーリング材)の役割は? コーキング材とは、シリコンやポリウレタンなどから出来ている樹脂のことで、水や空気を通さないため、物と物の隙間に注入することで密閉状態にすることができます。 身近で言えば、お風呂場のタイルや浴槽と壁との境目に、線状に埋まっているゴムのような柔らかいものがコーキング材です。 コーキング材は、外壁塗装においてどんな役割をもっているのか見てみましょう。     役割1:サイディングボードやALCパネル同士の隙間を埋める お風呂場に使われているように、コーキング材(シーリング材)をお家の壁材同士の隙間やひび割れに注入することで、隙間から雨水が入り込むのを防ぐことができます。 お家の外壁にとって、内部への雨水の侵入は命取りで、雨漏りに発展し外壁が腐食して大規模な工事をしなければならなくなってしまうこともあるので、外壁塗装においてコーキングはとても大切な工事です。 サイディングボードやALCパネルを使った場合、どうしても建材同士の間には隙間・溝ができてしまいまい、溝から雨水や汚れが侵入することで、サイディングボードやALCパネルの寿命が短くなったり、あなたのお家全体が傷んで大規模な工事をしなくてはいけなくなることもあります。 雨水や汚れの侵入を防ぐことは、お家の寿命を延ばして安心した生活を送ることに繋がるため、コーキングはお家を守る上で欠かせない工事です。   役割2:ひび割れ防止 コーキング材(シーリング材)は、シリコンなどの樹脂でできているので、ゴムのように弾力があり、コンクリートなどと違って柔軟に形を変えることができます。 基本的にお家の外壁は、温度の変化や地震によって、私たちの目ではわからない規模で膨張と収縮を繰り返しています。 外壁は、どんな種類の壁材でもコーキング材とは違って硬い素材でできているため、硬い素材が押し合ったり引っ張りあったりすることでひび割れが起きたり、壁材同士に隙間ができてしまうことがあります。 お家の外壁材同士の間に、柔軟性を持つコーキング材を注入しておくことで、コーキング材がクッション替わりになるので、外壁材同士が押し合いや引っ張り合いをしても、間を取り持ってひび割れや隙間ができるのを防いでくれます。   コーキングとシーリングの違いは何? コーキングについて検索すると、「シーリング」という言葉も一緒に出てくることが多いと思います。 コーキングとシーリングって同じものなのか、それとも違うものなのか、疑問に思ってしまうかもしれませんが、この二つは基本的に同じものとして考えていただいて大丈夫です。   コーキングとシーリングを、以下のように英単語にして考えると、意味がわかりやすいです。 コーキング…caulking 意味…詰める、2つのものを1つにくっつける、ふさぐ コーキング(caulking)は、ワインの栓などに使われるコルク(caulk)から派生している言葉なので、コルクのように隙間を詰めるという考え方をするとわかりやすいかもしれません。 シーリング…sealing 意味…封印する、密閉する、ふさぐ シーリング(sealing)は、私たちがステッカーやラベルと同じような意味で使うシール(seal)から派生している言葉で、シールのように密閉すると考えると意味がわかりやすいですね。   コーキング(シーリング)の寿命は? コーキング材は絶えず膨張や縮小を繰り返しているため、コーキング材そのものの寿命はそれほど長く持ちません。 そのため、コーキング材はサイディングボードやパネルに比べて早く劣化してしまいます。 もちろん、コーキングも常に進化しているため、新しいコーキング材であればそう簡単には破損しませんが、それでも平均すれば5年から10年ほどの寿命(耐用年数)が精いっぱいと言ったところです。 コーキングの寿命の見分け方 コーキングの寿命については、見た目ですぐに判別することができるので、どんな状態が寿命なのか見ていきましょう。 ひび割れ コーキング材に細かなひびが入っている状態 剥離 コーキング材が割れたり剥がれている状態 肉やせ 隙間を埋めていたコーキング材が細くなって隙間が大きくなってしまう状態 これらがコーキングの寿命を判別する代表的な症状です。見た目でもすぐ分かるので一度ご自宅のコーキング部分を確かめてみてください。   コーキング材の寿命が来てしまったら もしコーキング材にひび割れなどが生じ、しかもそれを補修せずに放置してしまうと、そこから外壁の内部へ雨水や湿気が侵入し、外壁の防水機能に障害を与えてしまうこともあります。 外壁の主な役割は雨水から建物を守るという防水機能ですから、その機能を失えば外壁そのものが悪くなってしまいます。 場合によっては基盤や土台まで雨水が侵入し、建物の構造そのものに重大な損害を与えかねません。コーキング材の破損は外壁全体に大きな影響を与えるため、発見したら放置せずにすぐにでも修繕することが大切です。   コーキング(シーリング)はどんなことをするの? コーキング(シーリング)は、平面に塗料を塗る塗装と比べて隙間にコーキング材を入れていく作業なので、塗るのではなく「打つ」と表現されることが多いです。   コーキング(シーリング)は外壁塗装工事の中でいつやるの? コーキング(シーリング)は、外壁塗装と密接な関係にありますが、外壁塗装工事をするとき、コーキングはどのタイミングで行うのでしょうか。   ひび割れ補修の場合 ひび割れを補修するためにコーキング(シーリング)をする場合、外壁に塗料を塗る前にコーキング材をひび割れ部分に注入して、そのあとに外壁用の塗料を塗っていくことが多いです。 コーキングでひび割れ補修をすると、どうしてもひび割れ部分が補修の跡で目立ってしまい、お家の見栄えが悪くなってしまいます。 また、コーキング材の上から塗装をすることで、コーキング材の表面が塗料で覆われてコーキング材を長持ちさせることもできるので、ひび割れ補修のコーキングは、最初に行うことが多いです。 打ち替え…現在打ち込んであるコーキング材(シーリング材)を撤去してから新しいコーキング材を打つ 打ち増し…現在打ち込んであるコーキング材(シーリング材)の上から新しいコーキング材を打つ この2種類のどちらかの方法で工事をすることになりますが、どちらの工法にするかは、現在打ち込んであるコーキング材の劣化具合で変わってきます。   コーキング(シーリング)はどのくらい時間がかかるの? コーキング材(シーリング材)を、お家の外壁のひび割れや外壁材の隙間に打ち込むのにかかる時間は、コーキング材の種類やコーキングの目的によって変わってきます。      乾燥時間もコーキング(シーリング)工事の一工程 どんなコーキング材(シーリング材)を使うのか、どんな目的でコーキングをするのかで、コーキングにかかる時間が変わってきますが、コーキング材をお家の外壁のひび割れや継ぎ目に打ち込んで終わりではなく、しっかりと乾燥させなければいけません。 喜島塗装やコーキングの目的、外壁の状態にもよりますが、外壁塗装の工程はコーキングのあとに塗装をする場合が多いので、上から洗浄したり塗料を塗るときに、コーキング材がしっかり乾燥していないまま工事を進めてしまっては、コーキング材も、上に重ねる塗料も、お家を守るための機能を発揮できずにすぐに劣化してしまいます。 また、コーキング材の乾燥時間は、気温が低いほど時間がかかり、気温が高いほど早く乾くので、冬場の気温が低いときは1週間以上かけて乾燥させることもあります。   コーキング(シーリング)はどういう流れで作業するの? STEP1.古いコーキング材(シーリング材)を撤去する まずは、外壁に打ち込まれている古いコーキング材(シーリング材)をカッターで切り込みを入れて剥がしていきます。 ある程度は一気に剥がれますが、外壁にへばりついているコーキング材もしっかり落としていきます。 STEP2.目地の洗浄・掃除 目地や目地周りに汚れがある場合は、汚れをキレイに落としていきます。 コーキング材(シーリング材)を打ち込む面をキレイにしておかなければ、新しくコーキング材を打ち込んでも、しっかり接着してくれません。 STEP3.養生 養生とは、工事をする部分以外が傷ついたり溶剤が付着したりしないように、テープなどを使って保護しておくこと。 コーキング(シーリング)の場合は、目地の縁の両側にテープを貼って、コーキング材を注入したときに目地からはみ出しても大丈夫なようにしておきます。 STEP4.コーキング材(シーリング材)を作る 主剤と別の溶剤を混ぜて使う「2液型」というコーキング材(シーリング材)を使う場合は、溶剤をしっかり混ぜ合わせてコーキング材を作ります。 STEP5.目地に下地を塗る プライマー(下塗り剤)と呼ばれる液体を、コーキング(シーリング)する目地に塗っていきます。 プライマー(下塗り剤)は、コーキング材を目地にしっかりと接着させるための下地のことで、プライマー(下塗り剤)が乾燥したら、次のステップへ進みます。 STEP6.コーキング材(シーリング材)を注入する コーキングガンなどを使って、コーキング材(シーリング材)を目地に打ち込んでいきます。 「2液型」の場合は、可使時間と呼ばれるコーキング材を使うことができる時間が限られているので、その時間を守って迅速・丁寧に進めていきます。 STEP7.ヘラ押さえ ヘラ押さえとはその名の通り、ヘラで押さえる作業のこと。 目地に注入したコーキング材(シーリング材)をしっかりと密着させるために、ヘラで押さえていきます。 この作業は仕上がりの見た目にも影響してくるので、コーキングの機能を発揮させる為・お家の見た目を美しくする為の大事な作業です。 STEP8.養生を剥がす コーキング材(シーリング材)が乾く前に、養生していたテープを丁寧に剥がしていきます。 STEP7のヘラ押さえでせっかくキレイに仕上げても、養生を雑に剥がしてしまうと、目地に注入されたコーキング材まで巻き取ってしまいます。 STEP9.乾燥 目地に打ち込んだコーキング材(シーリング材)をしっかり乾燥させてから、次の塗装工事などに移ります。 乾燥時間は製品や気温によって変わり、2~3日乾燥させることもあれば、1週間掛けることもあります。 見た目で悪いところがなかったとしても、コーキングは年月が経てば劣化をしているということを覚えていただき、必ず打ち換えをしたりコーキングをし直しておく事がオススメです。   地域密着型の喜島塗装を選ぶ なぜ、地域密着型の喜島塗装が良いかというと、そもそも地域に密着できるということは、その地域で悪い噂もなく何年も営業が出来ているということです。 地域密着型の喜島塗装は、折込チラシやWEBや口コミや紹介でお客様からの依頼を受けているので、丁寧で適切な工事ができる、また、国家資格取得者が7名所属しておりどこの業者より安心・丁寧な施工をし信頼を得ておりますので是非おまかせ下さい。   弊社ではお電話でも無料相談・無料見積もり依頼に対応しております!ご来店に不安を感じられる方はお電話でお問合せ下さい。 電話番号:0800(ハ)-600(ロ)-1116(イイイロ)  壁が随分汚れてきたけど、これって大丈夫?屋根は大丈夫なのかな?などなど、お家のことで何か気になることがありましたらどんな些細なことでも喜島塗装にご相談ください!!島根県出雲市、松江市、雲南市、大田市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、屋根・外壁塗装専門店「喜島塗装」までぜひご相談下さい!外壁・屋根塗替えお問い合わせはコチラ ↓↓https://kijima-tosou.co.jp/島根県出雲市、松江市、雲南市、大田市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、屋根・外壁塗装専門店「喜島塗装」までぜひご相談下さい!問い合わせはコチラ ↓↓電話番号:0800(ハ)-600(ロ)-(-)1116(イイイロ) 定休日:毎週水曜日、第1.3.5日曜日営業時間:9:00~18:00ぜひお気軽にお電話ください!! 屋根・外壁塗装専門店「喜島塗装」は、創業44年島根県出雲市で、外壁塗装会社として創業しました。公共工事がメインでしたが、出雲市、松江市、雲南市、大田市の島根にお住まいの皆様から、「戸建て住宅、賃貸アパートの外壁塗装や屋根の塗り替えを、出雲市、松江市、雲南市、大田市でも気軽に相談できる場所が欲しい」という声が多くなり、外壁塗装や屋根の塗り替えリフォームの事を気軽に安心してご相談できるお店にすべく、事業を立ち上げさせていただきました。これからの時代の建物は、壊すから残すへ移行していきます。私たちのライフワークである塗装・防水はまさに時流に乗っていると言えます。塗装・防水を通じて、お客様の財産である建物をより良い状態で次世代へ残していく。そして塗装・防水を通じて弊社に関係する全ての人が幸せになることを追求していきます。どうぞ宜しくお願いします。島根県にお住まいの皆様へ私たち喜島塗装は10名を超える自社塗装職人、国家資格塗装技能士の工事会社です。マナーにこだわり、塗装品質にこだわり、過去に島根県内で3,000件を超える塗装リフォームを行ってきました。ひとつひとつの工事工程を丁寧に、そして、手作りで創り上げる世界に1つしかない作品としてお客様の予測を超えるリフォーム工事にしてまいります。多くの人々に喜んでいただき、島根と共に生き、島根にとって必要とされる企業でありつづけられるよう頑張ってまいります。どうぞ宜しくお願い致します。 外壁塗装&屋根リフォーム防水リフォーム&外壁リフォーム専門店 喜島塗装 島根県で外壁塗装をお考えの方はこちらへ外壁塗装59.8万円メニュー  屋根塗装19.8万円メニュー島根の外壁塗装&屋根専門店喜島塗装へのお問合せはこちらです0800(ハ)-600(ロ)-(-)1116(イイイロ)メールでのお問い合わせはこちらですお問い合わせフォーム     2020年06月20日 更新 詳しく見る
スタッフブログ豆知識

外壁塗装の高圧洗浄で知っておきたい知識 //島根県松江市・出雲市・雲南市・大田市屋根外壁塗装&防水専門店KIJIMA

こんにちは! 島根県松江市・出雲市・雲南市・大田市外壁塗装&屋根塗装KIJIMAです。 いつも弊社のHP訪問、ブログ閲覧ありがとうございます(^o^)丿 本日は高圧洗浄の基礎的な知識を載せてみました。   外壁や屋根の汚れを強力な水圧で洗い落とす「高圧洗浄」は、外壁塗装工事では絶対に欠かせない作業の1つです。 しかし、「汚れを落として外壁や屋根をきれいにするためだけなら高圧洗浄は省いてしまっても良いのではないか」と思う人も多いかもしれません。 水しぶきがたくさん飛びますし、周辺もずぶ濡れ、時には近所の家にも飛ぶこともあるでしょう(飛散防止シートをしますが)。 そこまでして高圧洗浄をする必要はあるのでしょうか?もちろんあります。   家の大きさによって数万円の規模になる外壁塗装の高圧洗浄ですが、実は非常に重要な役割を担っています。 もちろん、昔は電動の高圧洗浄機というものは存在しませんでしたので、外壁や屋根洗浄専用の機械がなくても、手作業で行おうと思えばできる作業なのです。 今でも「高圧洗浄機は必要ない」と言ってくる業者さんも存在します。 しかし時代は変わり、今では外壁塗装において専用の機械を使った高圧洗浄作業は必要なものとなりました       1.高圧洗浄によって塗料が外壁に密着する 外壁や屋根の表面に塗装してできた塗膜は、毎日屋外で紫外線、雨風、排気ガスなどにさらされているので、年月とともに耐久性が劣化していきます。 劣化した場合は、そのままボロっと丸ごととれるわけではなく、少しずつ粉化していくのです。 これを塗料の「チョーキング現象(白亜化現象)」といい、外壁の表面を手で触ると塗装と同じ色の粉が手につくようになりますので、自宅の外壁にチョーキング現象が起こっているかどうかはすぐに見つけることができます。 チョーキング現象が起こっている外壁にそのまま塗料を塗っても、チョーキングが起きているような劣化した塗膜には粘着力がなくなっていますので、一緒に新しく塗った塗料まで剥がれてしまいます。 そうすると、塗装から年数が経過していなくても本来の耐用年数を迎える前に外壁は修復が必要な状況になってしまうのです。 つまり、外壁塗装における高圧洗浄作業は、せっかく塗装した塗料がたった数年で剥がれてしまわないように、外壁の表面にある古い塗膜を取り除くために行われているのです。 もちろん古い塗膜以外にも、カビ、藻、コケ、汚れ、チョーキングの粉など外壁表面の様々な汚れをまとめて落とすことも高圧洗浄の目的です。 よって、外壁塗装における高圧洗浄作業は「汚れを洗い落とすため」というよりも、「旧塗膜などをまとめて削り落とすため」といった方が作業の目的を表すうえでは正しい表現といえるでしょう。 高圧洗浄作業の費用相場について 外壁塗装における高圧洗浄の単価相場は、屋根でも外壁でも1㎡あたり100~300円です。 洗浄する外壁の面積が一般的な住宅の150~200㎡だと仮定すると、一つの工事あたりの高圧洗浄の総費用は安くても20,000円、高くても50,000円ぐらいに収まると考えられます。 高圧洗浄は外壁塗装に欠かせない工程であり、さらに高額な機械を導入して家一棟を洗浄する手間を考えればもう少し費用が高くなるように感じてしまうかもしれません。 しかし、もし100~300円/㎡という相場を上回るような高額な高圧洗浄費用の見積もりを作る業者がいた場合は、お客様にとって不利益な業者と見極めたほうがいいでしょう。   2.洗浄中は室内に水が浸入する恐れがある 高圧洗浄の作業は常に高水圧で行うわけではありません。 外壁の状態に応じて水圧を調整する必要があります。 高圧洗浄の水圧を調節しなければならない箇所には、窓やサッシ周りのコーキング部、大きなクラック(ひび割れ)が入っている箇所などがあります。 クラックが起きている部分に関しては、高圧洗浄機の水圧で壁に衝撃が加えられ、クラックが大きくなったり、クラックから外壁の内側に水が入って外壁下地材が塗れたりする可能性があります。 基本的に、高圧洗浄作業中に室内に水が入ってくるのは仕方のないことではなく、施工業者の不注意による施工ミスです。  ちなみに、瓦スレートなどの屋根材や、サイディングボードなどの外壁材というものは、上から当たる雨水を想定して作られてはいますが、下から吹き上げる強い水を想定しては作られていませんので、高圧洗浄の際に下から強い水圧を当てたときも室内への水の浸入が予想されます。 外壁や屋根にはどの方向から高圧洗浄水をかけるべきかの方向があるので、それを熟知している職人が家の状態に合わせて行うべきです。 高圧洗浄はかなり高度な技術が必要なので、経験の浅い職人がするべき作業ではないのです。   3.高圧洗浄後は1~2日間(48時間)の乾燥期間が必要 塗料を下地にしっかりと密着させるには、ゴミや旧塗膜を取る高圧洗浄が非常に大事というのはおわかりいただけたかと思いますが、その次に大事になってくるのが「乾燥」です。 高圧洗浄はもちろん水なので、乾燥させて乾いた状態にしてから塗装などをしないと、後から塗膜のふくれなどの原因になる場合があります。 高圧洗浄の後は、季節にもよりますが最低でも24時間、出来れば48時間は空けておいた方が良いと考えてください。 例えば、1日目足場設置、2日目高圧洗浄だとすると、日曜日の休業日を利用したり、コーキング打ち替え作業を行い乾燥期間に使うように配慮しています。 1日も乾燥期間を作らない事がどういう事かというと、高圧洗浄が終わるのが夕方だとして、その日の夜は太陽が出ていないので乾きにくい状態です。 そして次の日の朝に次の工程にいっても、外壁はまだ乾ききっていないでしょう。 外壁に水分が残ったまま高圧洗浄の次の工程である下地調整や塗装に移っても、仕上がり後に塗膜の不具合が出て、塗膜が剥がれたり気泡ができたりしてあっという間に劣化してしまう可能性があります。   4.高圧洗浄だけで対応出来ない汚れもある 高圧洗浄だけで全ての汚れなどが取れるということはありません。  また、チョーキングが起きて粉が着いている外壁を高圧洗浄しても、乾燥後に粉が若干残っているケースがあります。 これは手抜きということではなく、高圧洗浄では取り除けなかった旧塗膜が粉化したものです。 粉化したものが完全になくなるまで高圧洗浄を続けてしまうと、今度は下地にまで影響を及ぼす可能性があるので、よいタイミングで洗浄をとめる必要があるのです。 高圧洗浄後に粉が残ってしまった外壁に塗料をしっかり外壁に密着させるためには、プライマー、フィラー、シーラーといった密着性を高めるための下地材を塗ります。   5.場合によりますが、劣化したコーキングの補修を先に済ませる サイディングボードのパネル同士の目地や、窓サッシの周りに充填されているコーキング材は、紫外線や雨で劣化するとひび割れたり縮んだりすることがあり、劣化している場合は、そのまま高圧洗浄を当てるとコーキングを通り抜けて水が外壁下地に浸水してしまいます。 そのため、劣化している場合は、高圧洗浄より先にコーキング補修作業(打ち替え)を済ませておかなければなりません。  本来の外壁塗装の工程としては、足場設置→高圧洗浄→下地処理→塗装→コーキングが正しい順序ですが、コーキング材が劣化している場合、本来の順序通りに高圧洗浄を行ってしまうと、高圧洗浄によってさらに建物にダメージを与えることになってしまいます。 そういう場合は、コーキング補修作業を先に行います。 最初の打ち合わせの段階で確認済みなので問題ないですが、コーキング後にも乾燥期間が必要となるので、工程を根本的に見直す必要が出てきます。 上記の事を知っておき今後の参考にされてみてはいかがでしょうか?   弊社ではお電話でも無料相談・無料見積もり依頼に対応しております!ご来店に不安を感じられる方はお電話でお問合せ下さい。 電話番号:0800(ハ)-600(ロ)-1116(イイイロ)  壁が随分汚れてきたけど、これって大丈夫?屋根は大丈夫なのかな?などなど、お家のことで何か気になることがありましたらどんな些細なことでも喜島塗装にご相談ください!!島根県出雲市、松江市、雲南市、大田市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、屋根・外壁塗装専門店「喜島塗装」までぜひご相談下さい!外壁・屋根塗替えお問い合わせはコチラ ↓↓https://kijima-tosou.co.jp/島根県出雲市、松江市、雲南市、大田市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、屋根・外壁塗装専門店「喜島塗装」までぜひご相談下さい!問い合わせはコチラ ↓↓電話番号:0800(ハ)-600(ロ)-(-)1116(イイイロ) 定休日:毎週水曜日、第1.3.5日曜日営業時間:9:00~18:00ぜひお気軽にお電話ください!! 屋根・外壁塗装専門店「喜島塗装」は、創業44年島根県出雲市で、外壁塗装会社として創業しました。公共工事がメインでしたが、出雲市、松江市、雲南市、大田市の島根にお住まいの皆様から、「戸建て住宅、賃貸アパートの外壁塗装や屋根の塗り替えを、出雲市、松江市、雲南市、大田市でも気軽に相談できる場所が欲しい」という声が多くなり、外壁塗装や屋根の塗り替えリフォームの事を気軽に安心してご相談できるお店にすべく、事業を立ち上げさせていただきました。これからの時代の建物は、壊すから残すへ移行していきます。私たちのライフワークである塗装・防水はまさに時流に乗っていると言えます。塗装・防水を通じて、お客様の財産である建物をより良い状態で次世代へ残していく。そして塗装・防水を通じて弊社に関係する全ての人が幸せになることを追求していきます。どうぞ宜しくお願いします。島根県にお住まいの皆様へ私たち喜島塗装は10名を超える自社塗装職人、国家資格塗装技能士の工事会社です。マナーにこだわり、塗装品質にこだわり、過去に島根県内で3,000件を超える塗装リフォームを行ってきました。ひとつひとつの工事工程を丁寧に、そして、手作りで創り上げる世界に1つしかない作品としてお客様の予測を超えるリフォーム工事にしてまいります。多くの人々に喜んでいただき、島根と共に生き、島根にとって必要とされる企業でありつづけられるよう頑張ってまいります。どうぞ宜しくお願い致します。 外壁塗装&屋根リフォーム防水リフォーム&外壁リフォーム専門店 喜島塗装 島根県で外壁塗装をお考えの方はこちらへ外壁塗装59.8万円メニュー  屋根塗装19.8万円メニュー島根の外壁塗装&屋根専門店喜島塗装へのお問合せはこちらです0800(ハ)-600(ロ)-(-)1116(イイイロ)メールでのお問い合わせはこちらですお問い合わせフォーム         2020年06月11日 更新 詳しく見る
スタッフブログ豆知識

足場が必要なのはなぜ?//島根県松江市・出雲市・雲南市・大田市屋根外壁塗装&防水専門店KIJIMA

こんにちは! 島根県松江市・出雲市・雲南市・大田市外壁塗装&屋根塗装KIJIMAです。 いつも弊社のHP訪問、ブログ閲覧ありがとうございます(^o^)丿 6月に入り湿度・気温も上昇し毎日暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか? 降水雨量も例年と言っていますがあっという間に半年が経ちましたね。   本日は外壁塗装に必須となっている足場はなぜ必要なのか解説したいと思います。 外壁塗装をする際に避けて通れないのが「足場」の問題です。 足場があった方がいいのはわかってはいるけれど、できれば安く済ませたい。足場ってないといけないの?そんな風にお思いの方が多いのではないでしょうか? 今回は・足場の役割・狭い場所でも足場は組めるのか?についてお話しします。 外壁塗装の見積もりは金額が大きいのでどうしても適正価格というものがわかりにくく、何に対しても「相場」が気になる方が多いのではないでしょうか。 外壁塗装の足場はm²の単価に対して「1m²~円」というような算出方法をします。通常は1m²あたり700円~1000円の間が相場で、戸建て住宅の場合、大きさによりますが30万円前後は足場代としてかかることが多いです。 この金額には足場にかける飛散防止用ネットも含まれています。例えば台風の時、風にあおられると足場が影響を受けやすく、飛散防止用ネットも風の影響を受けることがあります。こういう場合は飛散防止用ネットをたたみに行くようにしています。 飛散防止ネットは、外壁塗装前に行う洗浄の水しぶきや汚れの飛散、塗装中の塗料の飛散を防ぐ役割を果たします。 工事が始まると水や塗料が極端に飛び散る、という事はありませんが、細かなしぶきは必ず発生します。 少し風の強い日だと飛散の量や距離も増えていきます。   足場もネットもない状態で万が一、ご近所の壁や車に汚れがついてしまうと大きなトラブルになってしまいます。 近隣トラブルを起こさず工事を行う為にも、足場は必要です。 つまり足場代とはただ足場や飛散防止用ネットを建設、解体する以外にも作業期間中の足場や飛散防止用ネットのメンテナンスも含めた金額だとご理解ください。 先ほどご紹介した相場よりも足場代が安い場合もあるかもしれません。サービスを受ける側としては安いというのは嬉しいものですが、あまりにも価格が安すぎる場合はちょっと注意が必要です。 足場というのは組むのに1日、解体に半日はかかります。それ以上早くこなすことも可能ですが、足場というものは組むのも解体も慎重に行いたい作業なのです。 この足場で作業の良しあしが決まることもあります。弊社では、住宅3軒分の資材は購入して常備しております。弊社の職人か専属の協力業者が組み立てることによっていい仕事ができます。 隣の家との間が狭いお宅での場合、作業中の事故やトラブルはない方がいいですし、起きないように最善をつくしていますが、人間のやることなので事故が絶対に起きないとは言い切れません。   ここで問題になるのが価格です。価格が相場よりも安すぎるということは現場を1日に何本も詰めて過密な工程になっている可能性があり、その場合やはり事故やトラブルを誘発しやすい環境と言えます。そうなると結局は嫌な思いをするのはお客様ご自身なのです。 もちろん十分に時間を確保して慎重にやったうえでもミスは起きてしまうかもしれませんが、1日に何本も作業を詰めて過密スケジュールの中で作業をするのとでは事故が起きうる可能性はやはり後者の方が高いと言えるでしょう。 安すぎるということはトラブルもミスも起きやすい可能性が大きいのです。ですから安いからと言ってすぐには飛びつかない方が良いでしょう。なぜその価格になるのか?を考えて見積書を見ていただくといいかもしれません。 外壁塗装における足場の役割 そもそもなぜ外壁塗装の際に足場を組むのかと言えば、 ・作業の効率を上げること。・作業員の安全性を確保すること。 この2点が目的です。 また足場にかける飛散防止用ネットも足場と同様作業員の安全を確保しつつ、塗料の飛散を防止する役割があります。 足場は塗装の工事期間中のみに必要で当然工事が終われば撤去するものなので高いと感じるかもしれませんが、足場を組まないことには塗装工事はできません。そこをご理解ください。 万が一足が滑ってしまっても、落下する前に掴む場所があります。また、足場の周りに張る飛散防止ネットも落下防止の役割を果たしています。   労働安全衛生法でも、2m以上の高所で作業をする場合には足場の組み立て等の安全対策が義務づけられています。 一般的な2階建て住宅は高さ5~6mはありますので、足場は必須なのです。 逆に、足場を組まずに工事をして現場の職人に万が一の事態が起こると大変です。 もし現場で転落事故が発生してしまった場合、工事を依頼した側の精神的負担も大きくなりますし、工事を依頼した当初と同じ様な良い気持ちで工事を継続してお任せしよう!とはなりません。 もちろん請け負った会社側も負担や被害も大きくなります。  工事を依頼する側、請け負った側がお互いに気持ちよく工事が出来る様な環境を整える事が、結果的に作業の効率を高める事にも繋がります。 良い工事にするために、足場の設置は必要です。 因みに昔は丸太で足場を組んでいた時代もあります。2階立ての戸建ての場合であれば金属の足場より安くつくからです。ただ丸太だと安全性の問題で不安があるので、今はくさび緊結式(きんけつしき)足場という金属のものを利用することがほとんどです。 足場代が高くなる場合、ならない場合について 足場についてよくある質問にお答えします   足場について「こういう場合は値段が高くなるの?ならないの?」とよくお客様から聞かれる項目をまとめてみました。 ・マンションや高層の建物の場合→高くなります。足場の運搬賃がかかるので通常の戸建て住宅より1m²あたりのm²単価は高くなります。 ・工期が長引いた場合→高くなりません。工期が長引くということは足場を長く貸出することになるので足場代が高くなるのでは?と思われる方が多いようです。この場合工期が長くなったからといって特別に足場代が高くなるということはありませんので、ご安心ください。   もう一つよくいただく質問として「狭いところに足場を組むことができるのか?」と聞かれることがあるのですが、そのような現場は事前の現場調査時に写真を撮ったり測ったり、専属の足場業者に調査をしてアドバイスをしてもらいます。     隣の家とのスペースがほとんどなく、人が入るスペースのない家もありますが、そういう場合は足場が組めないので塗り替えは難しいでしょう。ただし隣の家とのスペースがほとんどないということは、そもそも紫外線や雨が当たりにくいので痛みが激しくなく塗り替えしなくても大丈夫だったりします。   足場代だけでなく総合的な視点で判断をして外壁塗装における足場についてお話しをしました。 足場は塗装期間中のみに発生するものなので、外壁塗装の見積りを見る際に足場代の金額が気になる方もいるでしょう。先程お話しさせてもらった通り足場は必ず必要なものです。   また見積もりを見る際は足場代だけでなく総合的に判断された方がよいかと思います。足場代が1m²あたり700円だから安いとか1000円だから高い、という風に足場だけを見るのではなく他の項目も見てみてください。足場が安くても肝心の塗料が高ければ総合的に金額は高くなりますし、逆もまたしかりです。何の項目にどのくらいのお金がかかっているのか、手間ではありますが1つ1つを確認し、総合的な判断をすることが業者選びで納得のいくコツなのではないかと思います。 弊社では現在のコロナウイルス感染症拡大を受けて、お電話でも無料相談・無料見積もり依頼 に対応しております!ご来店に不安を感じられる方はお電話でお問合せ下さい。 電話番号:0800(ハ)-600(ロ)-1116(イイイロ)  壁が随分汚れてきたけど、これって大丈夫?屋根は大丈夫なのかな?などなど、お家のことで何か気になることがありましたらどんな些細なことでも喜島塗装にご相談ください!!島根県出雲市、松江市、雲南市、大田市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、屋根・外壁塗装専門店「喜島塗装」までぜひご相談下さい!外壁・屋根塗替えお問い合わせはコチラ ↓↓https://kijima-tosou.co.jp/島根県出雲市、松江市、雲南市、大田市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、屋根・外壁塗装専門店「喜島塗装」までぜひご相談下さい!問い合わせはコチラ ↓↓電話番号:0800(ハ)-600(ロ)-(-)1116(イイイロ) 定休日:毎週水曜日、第1.3.5日曜日営業時間:9:00~18:00ぜひお気軽にお電話ください!! 屋根・外壁塗装専門店「喜島塗装」は、創業44年島根県出雲市で、外壁塗装会社として創業しました。公共工事がメインでしたが、出雲市、松江市、雲南市、大田市の島根にお住まいの皆様から、「戸建て住宅、賃貸アパートの外壁塗装や屋根の塗り替えを、出雲市、松江市、雲南市、大田市でも気軽に相談できる場所が欲しい」という声が多くなり、外壁塗装や屋根の塗り替えリフォームの事を気軽に安心してご相談できるお店にすべく、事業を立ち上げさせていただきました。これからの時代の建物は、壊すから残すへ移行していきます。私たちのライフワークである塗装・防水はまさに時流に乗っていると言えます。塗装・防水を通じて、お客様の財産である建物をより良い状態で次世代へ残していく。そして塗装・防水を通じて弊社に関係する全ての人が幸せになることを追求していきます。どうぞ宜しくお願いします。島根県にお住まいの皆様へ私たち喜島塗装は10名を超える自社塗装職人、国家資格塗装技能士の工事会社です。マナーにこだわり、塗装品質にこだわり、過去に島根県内で3,000件を超える塗装リフォームを行ってきました。ひとつひとつの工事工程を丁寧に、そして、手作りで創り上げる世界に1つしかない作品としてお客様の予測を超えるリフォーム工事にしてまいります。多くの人々に喜んでいただき、島根と共に生き、島根にとって必要とされる企業でありつづけられるよう頑張ってまいります。どうぞ宜しくお願い致します。 外壁塗装&屋根リフォーム防水リフォーム&外壁リフォーム専門店 喜島塗装 島根県で外壁塗装をお考えの方はこちらへ外壁塗装59.8万円メニュー  屋根塗装19.8万円メニュー島根の外壁塗装&屋根専門店喜島塗装へのお問合せはこちらです0800(ハ)-600(ロ)-(-)1116(イイイロ)メールでのお問い合わせはこちらですお問い合わせフォーム   2020年06月02日 更新 詳しく見る
スタッフブログ豆知識

外壁塗装の現地調査の必要性//島根県松江市・出雲市・雲南市・大田市屋根外壁塗装&防水専門店KIJIMA

こんにちは! 島根県松江市・出雲市・雲南市・大田市外壁塗装&屋根塗装KIJIMAです。 いつも弊社のHP訪問、ブログ閲覧ありがとうございます。 5月も半ばを過ぎそろそろ梅雨も近い季節になりましたね・・・   さて今回のテーマは外壁塗装になぜ現場調査が必要なのかをお伝えしたいと思います。      塗替えのお問合せがあり塗装する建物の規模や状態を調査します。これが現地調査です。 現地調査当日の流れは、住宅の状況やお客様のご都合、異なることもありますが、大まかには次のようになります。   あいさつ・聞き取り 約束の時間にお客様のご自宅に着いたら、まずはあいさつをし、ご自宅でどんなところが気になるかお聞きします。 「コーキングのヒビ割れが気になる」 「北側の外壁のコケがひどい」「雨だれ跡が気になっている」など、外壁や屋根、付帯部分(雨どいやひさし、雨戸など)に関することであれば、何でも聴いてみて問題ないです。   住宅の状態の調査 外壁や付帯部分など、住宅の各部分の調査です。 調査しながら、「この部分がちょっと欠けていますね」「コケがけっこう生えていますね」など、お客様と一緒に状態を確認します。 調査をしながら各部分の写真を撮ります。住宅の各部の状態を、見積り提示時に後で写真を見ながらお客様に説明するためです。   説明・聞き取り・提案 現在の外壁の状態や外壁塗装の施工の流れを説明したり、お客様のご希望や予算をお聞きしたりします。塗装工事に関して、お客様から何か質問があれば、ていねいにお答えします。 そして、 現地調査によって判明した住宅の状況 お客様のご希望や予算 これらのようなものに基づき、「どこのメーカーのどの塗料製品を使うか」などの塗装プランをお客様に提案するのです。 お客様が塗装プランに納得され、「このプランで見積もりを出してほしい」とご希望になれば、資料(現地調査の結果や決定した塗装プラン)を事務所に持ち帰り、見積り書の作成に取りかかります。 正確な報告書や見積書は作成するのに1週間~10日後に提示させていただきます。   報告書・見積書の提出 現地調査の結果の報告書と、外壁塗装の見積書をお客様に提示します。 現地調査の結果は調査当日にもお客様にご説明しますが、後で「言った言わない」のトラブルになったり、お客様との間で認識のズレが起きたりしないよう、きちんと書面に残し改めて報告します。 ただ報告するのではなく、お客様がご自身の住宅の状態を把握できるよう、住宅・塗装関連の知識がない方でもわかるように専門のアドバイザーがお話しします。   現地調査では何を見るの? 外壁塗装の現地調査では、住宅の各部分(外壁はもちろん、屋根やベランダ、木部、鉄部、雨どいなど)を、さまざまな視点から調査します。 具体的には、次のような調査内容です。   住宅各部の材質 塗装に適した塗料や塗装前に必要な下準備は、塗装する箇所の材質によって異なります。このため現地調査では、住宅各部の材質の把握も重要です。 材質によっては、塗装の必要性が低かったり、塗装に不向きだったりすることもあります。   住宅各部の傷み具合 住宅の塗装は、ただ塗料を塗るだけではありません。塗料を塗る前の下準備として、クラック(ひび割れ)を補修したりサビを落としたりするのも、塗装工事の一環です。 これらのような下準備をきちんと行わないで塗装すると、塗料が外壁に十分定着せず、塗膜(塗料の膜)が2~3年などの短期間で剥がれる恐れが出てきます。 下準備をしっかり行うためには、塗装する箇所の傷み具合を事前に把握しておくことが重要です。経年劣化によって住宅に生じる傷みには、次のようなものがあります。 外壁・屋根 汚れの定着、コケ・カビ・藻の発生、クラック、チョーキング、色あせ、塗膜の剥がれ、雨漏りなど 鉄部 塗膜の剥がれ、サビなど 木部 塗膜の剥がれ、腐食、雨漏りなど ※外壁・屋根の劣化は、外壁材が窯業系サイディングまたはモルタル、屋根材がスレート(セメントと繊維質素材を主原料とする薄い板状の屋根材)と現在主流のものの場合です。※チョーキングとは、塗装面の表面にチョークのような白い粉がふく現象です。 壁に指をこすりつけて粉が付くか付かないか専門業者ではなくてもどなたでも簡単に調べることができます。   コーキングの状態 住宅の外装にコーキング(建材同士のつなぎ目を埋める充てん剤)が使われている部分がある場合、塗装とあわせてコーキング補修も行うのが一般的です。 経年劣化でひび割れたり欠けたりしたコーキングを長期間放置していると、住宅の見た目が良くないです。劣化で生じた隙間から雨水などが浸入し、外壁内部の木部が水のダメージを受ける恐れもあります。 下の写真は、外壁のコーキング部分です。たて方向に大きな亀裂が入っているのがわかりますね。 外壁塗装の現地調査では、このようなコーキングの状態もチェックします。   住宅の塗装歴 住宅の塗装歴(過去にも塗装工事をしたことがあるか)も、現地調査の時点で確認します。過去に塗装工事をしたことのある住宅の場合、塗料選びなどで注意が必要だからです。 前回の塗装工事の塗料と相性の悪い塗料を選ぶと、施工から2~3年などの短期間で膨れや剥がれなどの不具合が起きるリスクが出てきます。   敷地の広さや状況 外壁塗装では、足場を設置したり資材を置いたりするのに、敷地のスペースをお借りします。このため、敷地がどの程度の広さで、「塗装工事で汚してしまうようなものがないか」「足場が道路にはみ出ないか」などの周囲の状況などを把握しておかなくてはなりません。 足場をどこにどのように設置するかも、現地を見ながら調査します。   周囲の交通状況 外壁塗装の現地調査では、 住宅の近くに車を停めるスペースがあるか 住宅付近の道路は、資材を積んだ車(軽トラや軽バンなど)が通れそうか これらの確認もしておきます。 塗装に必要な資材や塗装職人たちを現場に運ぶことができなければ、外壁塗装はできません。   外壁塗装の現地調査で使われる道具 現地調査で使うのは、主に次のような道具です。 メジャー(スケール) 外壁の高さやクラックの大きさなど、住宅のさまざまな部分を測るのに使います。塗装業者や建築関係者の間では、「スケール」と呼ばれることが多いです。 メジャーは布製と金属製がありますが、目盛り部分を常に手で押さえなければならない布製では高いところを測れません。そのため、現地調査では金属製のメジャーが使われます。   現地調査だけでなく、聞き取り調査(ヒアリング)も必要 ご自宅の現地調査にうかがうときには、お客様への聞き取り(ヒアリング)も行います。住宅の状態だけでなく、お客様のご希望・お悩みも踏まえた塗装プランや見積もり書を作成するためです。 お客様にお尋ねする内容として主なものには、次のようなものがあります。 塗装箇所に希望する色やツヤ 外壁や屋根に関する悩みやトラブル(雨漏りなど)の有無 大まかな予算 その他、塗装に関する希望や疑問など このため、外壁塗装の現地調査の前には、希望する色や大まかな予算を決めておくのが望ましいです。 ただし、もし色を決められなくても大丈夫です。実際に業者が来てから、「色で悩んでいるのだけど、外壁にはどんな色を選ぶ人が多いのか」「いくらくらいかけて塗装する家が多いのか」などのように質問しながら決めることもできます。 「色のイメージがつかない」とお悩みの方は、外壁塗装のカラーシミュレーションを活用されることをお勧めします。   外壁塗装の現地調査が必要な理由 外壁塗装の費用は、下記のようなものに左右されます。 塗装面(外壁、屋根など)の面積の大きさや劣化状態 窓の大きさや個数 外壁材や屋根材の種類 塗料の種類 施工会社を決定するには、現地調査によって正確に劣化箇所の把握をする必要があります。なにより大切なお家を長持ちさせるために安心して生活できるために把握しておくことが望ましいです。 弊社では現在のコロナウイルス感染症拡大を受けて、お電話でも無料相談・無料見積もり依頼 に対応しております!ご来店に不安を感じられる方はお電話でお問合せ下さい。 電話番号:0800(ハ)-600(ロ)-1116(イイイロ)  壁が随分汚れてきたけど、これって大丈夫?屋根は大丈夫なのかな?などなど、お家のことで何か気になることがありましたらどんな些細なことでも喜島塗装にご相談ください!!島根県出雲市、松江市、雲南市、大田市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、屋根・外壁塗装専門店「喜島塗装」までぜひご相談下さい!外壁・屋根塗替えお問い合わせはコチラ ↓↓https://kijima-tosou.co.jp/島根県出雲市、松江市、雲南市、大田市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、屋根・外壁塗装専門店「喜島塗装」までぜひご相談下さい!問い合わせはコチラ ↓↓電話番号:0800(ハ)-600(ロ)-(-)1116(イイイロ) 定休日:毎週水曜日、第1.3.5日曜日営業時間:9:00~18:00ぜひお気軽にお電話ください!! 屋根・外壁塗装専門店「喜島塗装」は、創業44年島根県出雲市で、外壁塗装会社として創業しました。公共工事がメインでしたが、出雲市、松江市、雲南市、大田市の島根にお住まいの皆様から、「戸建て住宅、賃貸アパートの外壁塗装や屋根の塗り替えを、出雲市、松江市、雲南市、大田市でも気軽に相談できる場所が欲しい」という声が多くなり、外壁塗装や屋根の塗り替えリフォームの事を気軽に安心してご相談できるお店にすべく、事業を立ち上げさせていただきました。これからの時代の建物は、壊すから残すへ移行していきます。私たちのライフワークである塗装・防水はまさに時流に乗っていると言えます。塗装・防水を通じて、お客様の財産である建物をより良い状態で次世代へ残していく。そして塗装・防水を通じて弊社に関係する全ての人が幸せになることを追求していきます。どうぞ宜しくお願いします。島根県にお住まいの皆様へ私たち喜島塗装は10名を超える自社塗装職人、国家資格塗装技能士の工事会社です。マナーにこだわり、塗装品質にこだわり、過去に島根県内で3,000件を超える塗装リフォームを行ってきました。ひとつひとつの工事工程を丁寧に、そして、手作りで創り上げる世界に1つしかない作品としてお客様の予測を超えるリフォーム工事にしてまいります。多くの人々に喜んでいただき、島根と共に生き、島根にとって必要とされる企業でありつづけられるよう頑張ってまいります。どうぞ宜しくお願い致します。 外壁塗装&屋根リフォーム防水リフォーム&外壁リフォーム専門店 喜島塗装 島根県で外壁塗装をお考えの方はこちらへ外壁塗装59.8万円メニュー  屋根塗装19.8万円メニュー島根の外壁塗装&屋根専門店喜島塗装へのお問合せはこちらです0800(ハ)-600(ロ)-(-)1116(イイイロ)メールでのお問い合わせはこちらですお問い合わせフォーム 2020年05月26日 更新 詳しく見る
スタッフブログ豆知識

しまねWEB合説LIVE!に出演しました //島根県松江市・出雲市・雲南市・大田市屋根外壁塗装&防水専門店KIJIMA

こんにちは! 島根県松江市・出雲市・雲南市・大田市外壁塗装&屋根塗装KIJIMAです。 いつも弊社のHP訪問、ブログ閲覧ありがとうございます。 先日ブログでも告知していました就活企画「しまねWEB合説LIVE!」に出演しました! こちら7日間連続生配信で100社以上の企業が参加だそうです。 本番前、緊張でテンションが下がる総務部Iをよそに顔色一つ変わらない社長。 PRでは、学生さんに少しでも現場の雰囲気を知ってもらいたいという思いから 若手スタッフの仕事の様子を動画でもご紹介しました(インタビュー付きです♪)。 また、生配信ということで視聴していただいている方からの質問にもその場でお答えしました。 興味を持っていただいたことがとても嬉しかったです☺ 社長はもっと話したかったようです(笑) 視聴してくださった皆さま、ジョブカフェしまねなど関係者の皆さま、ありがとうございました! お伝えきれなかったこともたくさんありますので、ぜひ会社見学・説明会にお越しください。 一人でも多くの学生さんのご応募をお待ちしております!   ▼しまねWEB合説LIVE!  島根県松江市・出雲市・雲南市・大田市外壁塗装&屋根塗装KIJIMAの出演動画  塗装工・営業事務職の仕事の様子、インタビューをチェック!! https://www.youtube.com/watch?v=jeAPEZLtmI8&feature=youtu.be&start=10790     ▼島根県松江市・出雲市・雲南市・大田市外壁塗装&屋根塗装KIJIMAの 採用ページはコチラです。 https://kijima-tosou.co.jp/recruit/   ▼島根県松江市・出雲市・雲南市・大田市外壁塗装&屋根塗装KIJIMAの 会社説明会・会社見学随時受付中! 電話 0853-28-2983 mail keiri3@kijima-tosou.co.jp  総務部採用担当までお問合せください。     弊社では現在のコロナウイルス感染症拡大を受けて、お電話でも無料相談・無料見積もり依頼 に対応しております!ご来店に不安を感じられる方はお電話でお問合せ下さい。 電話番号:0800(ハ)-600(ロ)-1116(イイイロ)  壁が随分汚れてきたけど、これって大丈夫?屋根は大丈夫なのかな?などなど、お家のことで何か気になることがありましたらどんな些細なことでも喜島塗装にご相談ください!!島根県出雲市、松江市、雲南市、大田市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、屋根・外壁塗装専門店「喜島塗装」までぜひご相談下さい!外壁・屋根塗替えお問い合わせはコチラ ↓↓https://kijima-tosou.co.jp/島根県出雲市、松江市、雲南市、大田市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、屋根・外壁塗装専門店「喜島塗装」までぜひご相談下さい!問い合わせはコチラ ↓↓電話番号:0800(ハ)-600(ロ)-(-)1116(イイイロ) 定休日:毎週水曜日、第1.3.5日曜日営業時間:9:00~18:00ぜひお気軽にお電話ください!! 屋根・外壁塗装専門店「喜島塗装」は、創業44年島根県出雲市で、外壁塗装会社として創業しました。公共工事がメインでしたが、出雲市、松江市、雲南市、大田市の島根にお住まいの皆様から、「戸建て住宅、賃貸アパートの外壁塗装や屋根の塗り替えを、出雲市、松江市、雲南市、大田市でも気軽に相談できる場所が欲しい」という声が多くなり、外壁塗装や屋根の塗り替えリフォームの事を気軽に安心してご相談できるお店にすべく、事業を立ち上げさせていただきました。これからの時代の建物は、壊すから残すへ移行していきます。私たちのライフワークである塗装・防水はまさに時流に乗っていると言えます。塗装・防水を通じて、お客様の財産である建物をより良い状態で次世代へ残していく。そして塗装・防水を通じて弊社に関係する全ての人が幸せになることを追求していきます。どうぞ宜しくお願いします。島根県にお住まいの皆様へ私たち喜島塗装は10名を超える自社塗装職人、国家資格塗装技能士の工事会社です。マナーにこだわり、塗装品質にこだわり、過去に島根県内で3,000件を超える塗装リフォームを行ってきました。ひとつひとつの工事工程を丁寧に、そして、手作りで創り上げる世界に1つしかない作品としてお客様の予測を超えるリフォーム工事にしてまいります。多くの人々に喜んでいただき、島根と共に生き、島根にとって必要とされる企業でありつづけられるよう頑張ってまいります。どうぞ宜しくお願い致します。 外壁塗装&屋根リフォーム防水リフォーム&外壁リフォーム専門店 喜島塗装 島根県で外壁塗装をお考えの方はこちらへ外壁塗装59.8万円メニュー  屋根塗装19.8万円メニュー島根の外壁塗装&屋根専門店喜島塗装へのお問合せはこちらです0800(ハ)-600(ロ)-(-)1116(イイイロ)メールでのお問い合わせはこちらですお問い合わせフォーム 2020年05月25日 更新 詳しく見る
スタッフブログ