施工事例外壁塗装・屋根塗替えなど施工事例をご覧下さい

HOME > 施工事例 > 外壁塗装 > 出雲市M様邸外壁塗装工事//島根県松江市・出雲市・雲南市・…

道路から見える北面の外壁の塗膜の剥がれが気になっていました。

(2020.06.09 更新)
施工後施工後After
施工前施工前Before

出雲市M様邸外壁塗装工事//島根県松江市・出雲市・雲南市・大田市の外壁塗装&屋根塗装KIJIMA 施工データ

施工内容 外壁塗装
工事日数 30日間
プラン名 ラジカルハイブリッドプラン
施工カラー ブラウン系
工事完了月 R2年6月
施工内容詳細 外壁/モルタル
 日本ペイント:パーフェクトフィラー
 日本ペイント:ファインパーフェクトトップ 2回塗り J22-80D
施工前施工前Before
施工後施工後After
施工前施工前Before
施工後施工後After
施工前施工前Before
施工後施工後After
施工前施工前Before
施工後施工後After
施工前施工前Before
施工後施工後After

出雲市M様邸外壁塗装工事//島根県松江市・出雲市・雲南市・大田市の外壁塗装&屋根塗装KIJIMA 施工写真

  • 足場仮設工事 施工前
    足場仮設工事 施工前
    足場は作業員の命を守ると同時に足場は仕上げも左右します。いい足場でしっかり作業ができるように施工いたします。
  • 足場仮設工事 施工中
    足場仮設工事 施工中
  • 足場仮設工事 完了
    足場仮設工事 完了
    メッシュシートも隙間なくかけられ完了です。
  • シーリング工事 施工前
    シーリング工事 施工前
    シーリング工事施工前の状況です。
  • シーリング工事 (撤去)
    シーリング工事 (撤去)
    劣化した部分はカッターナイフ等で切り込みを入れ撤去します。劣化したシーリングを全て取り除くことで、防水性能が飛躍的に向上します。
  • シーリング工事
    シーリング工事
    付いてはいけない所に養生テープを貼ります。
  • シーリング工事 (充填)
    シーリング工事 (充填)
    シーリングの充填状況です。ガンと呼ばれる道具の中にシーリング材を入れ、ハンドルを引きながら、目地の中に充填していきます。
  • シーリング工事
    シーリング工事
    最後にヘラで平らにならしていきます。

  • ひび割れ補修
    ひび割れ補修
  • ひび割れ補修
    ひび割れ補修
  • 外壁洗浄
    外壁洗浄
    高圧の水で、丁寧に洗浄することで、表面に付着したゴミや埃は綺麗になります。この時に一緒に白亜化して、粉状になった物質も取り除いていきます。
  • 樋洗浄
    樋洗浄
    普段なかなか手も届かず、見る事も出来ない軒樋の中、こういうところにゴミが溜まると雨水が上手く流れません。今回綺麗に洗浄しました。
  • 外壁 下塗(厚付)
    外壁 下塗(厚付)
    下地と今回塗装をする塗料との大事なつなぎ役です。下地との接着剤効果、そして何より下地で厚みを付け、固めてやる効果も持っています。厚みが付くようにたっぷり塗ります。
  • 外壁 上塗1回目(薄付)
    外壁 上塗1回目(薄付)
    刷毛で窓廻りや、隅、そしてローラーでは届かない部分を塗ってから、ローラーで大面積の部分を塗っていきます。もちろん塗り残しのないように細心の注意を払います。
  • 外壁 上塗2回目(薄付)
    外壁 上塗2回目(薄付)
    上塗2回目の状況です。これで外壁の工程は終了になります。塗り残し、塗りムラがないようにしっかり確認しながら塗っていきます。
  • 屋根水切り ケレン(錆落し)
    屋根水切り ケレン(錆落し)
    スチールにとって、錆というのは最大の敵です。その最大の敵である錆をしっかり落としてやらなければ、いくら錆止めが高品質なものでも意味がありません。しっかり錆落しを行います。
  • 屋根水切り 下塗(錆止め)
    屋根水切り 下塗(錆止め)
    KIJIMAでは、錆止め塗料は必ず浸透型のエポキシ樹脂の錆止めを使います。防錆力、密着力に優れ、一般的な錆止めよりも厚みが付きます。
  • 屋根水切り 上塗1回目
    屋根水切り 上塗1回目
    上塗り1回目です。下塗りを塗ったところを丁寧に刷毛とローラーを使って、塗り残しがないように塗っていきます。
  • 屋根水切り 上塗2回目(薄付)
    屋根水切り 上塗2回目(薄付)
    上塗り2回目です。
  • 破風板・鼻隠し (木材保護塗料)
    破風板・鼻隠し (木材保護塗料)
    破風板や鼻隠しは、実は一番雨風や紫外線にさらされ、過酷な条件のもとにあります。しかもその部分が木で作られていれば、当然木が腐らないように保護塗料を塗ってやることが必要です。
  • 破風板・鼻隠し (木材保護塗料)
    破風板・鼻隠し (木材保護塗料)
    しっかり2回目も木にたっぷりと吸い込ませるように塗っていきます。
  • 樋
    もともと樋は塩ビで作られていて、塗装する必要はありません。しかし年月が経過していくと、色が変わります。外壁が綺麗になるとどうしても綺麗になっていない部分が気になるものです。
  • 樋
    下地調整(ペーパーかけ)をしたあと、シリコン塗料で2回塗りで仕上げます。
  • 庇 ケレン後
    庇 ケレン後
    庇は穴が空いてしまうと雨漏りの原因になるばかりでなく、どうしても交換が難しい部位になります。錆を落します。
  • 庇
    錆止めを適正に行ってから、上塗り2回塗りで仕上げます。

担当スタッフより

3月のイベントに来店して頂きました。

車の通りが多い道路付きに建っているお家で、道路側からよく見える北側面の外壁の塗膜の剥がれが気になりご依頼いただきました。

外壁塗装で塗膜が劣化してしまう最大の原因は紫外線と塗膜の発色を担う顔料「酸化チタン」にあります。
紫外線を酸化チタンが吸収するとラジカルが発生します。塗膜も分解されてしまうため、劣化し、チョーキングなどの現象を起こしてしまうのです。
パーフェクトトップはこのラジカルを発生させないようダブルの仕組みを備えた高耐候性の塗料を選ばれました。

色は、塗った事が分かるように既存の白から薄い茶色を選ばれました。3パターンの中から悩まれましたが、やはり一番最初にいいなと思った色に決められました。

梅雨までに工事を終わらせて欲しいとのご要望通り、無事に梅雨までに工事が終わることができました。

とてもたくさんな趣味をお持ちなご夫婦で、お会いするのが楽しみなくらい色々なお話を聞かせていただきました。

 

お客様の声を頂きました⇒こちら

ご相談無料見積無料無料診断
外壁塗装に関するご相談はお気軽に
ご来店・お電話・メール下さい

0800-600-1116 受付9:00~18:00
水曜、第1・3・5日曜定休

メールでのご相談はこちらから